点検が必要|カーナビ取り付けの基礎知識|サービスを利用してみよう
作業員

カーナビ取り付けの基礎知識|サービスを利用してみよう

  1. ホーム
  2. 点検が必要

点検が必要

車輪

毎日車を使う場合は、タイヤの劣化がかなり早くなります。そのため、ある程度年数がきたらタイヤ交換を率先して行わなければいけません。仮に、タイヤ交換をせず放置していると走行中にパンクする恐れがあります。道のど真ん中でパンクをしたら事故を引き起こす可能性もあるでしょう。パンクをする前に対策をしなければいけないため、タイヤが劣化していると感じたら早急に交換する必要があります。タイヤ交換の目安は、新品を取り付けてから3年.5年が経過した時です。年数が経っているタイヤは、新品の時に見られた溝がすり減ってなくなっていることが多いです。タイヤの限界が近づくと、スリップサインというサインが出始めますが、このサインが接地面に出てくると繋がったような感じになります。ここまでくると、長距離の移動は控えたほうがいいでしょう。雨の日に滑りやすくなりますし大変危険な状態だといえます。

タイヤ交換される時は、大体ひび割れが起きていることが多いです。また、タイヤの溝が十分あったとしても、グリップの力はなくなっていますから、タイヤ交換をする目安になります。もともとタイヤは、ゴムでできているので水分と脂分を大量に含んでいます。そのため、劣化すると水分が蒸発しひび割れを起こしやすくなるのです。しかし、このひび割れもタイヤ交換をすることで解決できますが、異常摩擦にも注意が必要です。タイヤの外側と内側の異常摩擦は、ホイールのバランスが崩れていることで発生します。そのため、タイヤ交換をするついてに摩擦のチェックをプロにやってもらいましょう。それをすることで安全に車を走らせることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加