車の気になるポイント

カーナビ取り付けの基礎知識|サービスを利用してみよう

車輪

点検が必要

タイヤ交換をする場合は、どの時期が適しているのかを知ることが重要です。また、タイヤ交換をして数年経過している場合は、マメにタイヤの状況をチェックするようにしましょう。

修理

性能が素晴らしい

タイヤ交換をする時に、もっと性能が良くなったものと考えることがあります。また、性能の良いタイヤにすることで、より快適なドライブをすることができます。まずは選び方の基本を知りましょう。

気になる料金

カーナビゲーション

方向音痴の人もカーナビがあれば、迷わず目的地を目指すことができます。最近のは、性能がかなり上がっているので、地図もより立体化できるようになりました。道案内を音声で教えてくれますし、地図が見やすくなったことで新しいカーナビの取り付けを検討している人もいるはずです。こうした性能の高いカーナビは、ネットで安く販売されていることがあります。最悪、店舗の表示価格よりも下回る可能性があるため、良いカーナビを安く手に入れたい人はネットで購入するのが普通になっています。もちろん、購入したカーナビは自身で取り付けをしますが、知識がないと時間が大幅にかかります。そのため、取り付けを専門店に依頼することが多くなっています。自前のカーナビを専門店で設置するにはどのくらいの金額がかかるのか依頼する前に知っておくと、安心して任せることができます。

新車を購入した時に古い車から取り替える作業は、ディーラーがやってくれることが大半ですが、同じ車に新しいカーナビを取り付ける場合、一万円が相場になります。ただこれは取り外しにかかる費用で、新しく設置すると二万円はかかるかもしれません。オーディオスペースに収まるインダッシュタイプのカーナビだと、簡単に取り付けができるので八千円で済ませられるでしょう。ポータブルカーナビなら、五千円から一万円の間でより安く取り付けをすることができます。新しいカーナビを取り付ける場合は、古いものを取り外さなければいけません。その時はカーショップや自動車整備工場のディーラーが担当します。古いものを処分する時も、費用が加算される場合がありますから、自分で処分をするか任せるのか考えておく必要があります。カーナビの取り付けをするなら、事前に見積もりを取るといいでしょう。取り付けしてくれる店舗から複数行なうことで費用とサービス内容二つを比較できます。

作業者

不合格にさせない

車検は2年に一度行われる車の健康診断です。車検に合格すると、いつものように車を走らせられますが、失格になるとメンテナンスを再度行わなくてはいけないため、面倒でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加